こだわり

こだわり

一つの寸胴鍋で、魚介(煮干・鰹節)と豚骨、 野菜を一緒に煮込む、昔ながらの作り方です。
この技法は出汁の相乗効果がすばらしく、 香り高い澄んだスープに仕上がります。
また前日のスープに注ぎ足して仕込むため、 開業より今日まで、日々深みが増しております。
化学調味料は使っておりませんので後味が良く、 食べた後の余韻の良さも自慢です。
魚介の筋の通ったあっさり醤油味なので、 子供からお年寄りまで、 安心して召し上がってください。

大きな湯で釜で麺を自由に泳がせ、平ざるで一杯一杯丁寧に湯切りします。
平ざるでの湯切りは熟練の技が必要で、今ではほとんど見られなくなりました。麺が均一に茹であがり、 折り目正しくきっちりと湯切りできるので、当店ではこの技法を守っていきます。
麺は菅野製麺のちぢれ麺を選びました。
昔ながらの中華麺で適度な歯ごたえがあり、かんすいの臭みも少なく、 スープを適度に吸い上げるので、当店の魚介スープによく合います。

◎スープ 千葉県産の良質な煮干(片口いわし)を大量に使用しています。 くせがなく、コクが強いのが特徴です。 鰹節は厚削りで、魚粉は使用していません。 豚骨と野菜も、国産で良質なものを仕入れています。
◎チャーシュー 地元の新鮮な武蔵野ポークを使用。
しっとり柔らかく、風味が強いです。
特製のタレで煮込みます。
◎ワンタン 武蔵野豚のひき肉に、ネギとチャーシューのみじん切りを加えて練り、 手作業でワンタン皮につつみます。
◎めんま 乾燥メンマを使用。コリコリとした歯ごたえが特徴です。

pagetop